<?php the_title(); ?>

長崎特産の果物と野菜


びわ

長崎市の特産物で栽培面積が広く、生産量で日本一を誇っています。

その昔、中国から伝わってきたびわを、長崎市茂木町に三浦シオさんが植えたのが始まりだと言われています。

今では、様々な品種が栽培されており、高級果物として各地へ送られています。

 

 

みかん

温州みかんは、土壌、気候等条件に恵まれ、長崎全域に栽培されており特産品の1つです。

西彼半島から佐世保や伊木力みかんなどが有名です。

 

主に「岩崎早生」「原口早生」「させぼ温州」等の種類があります。

その他のかんきつ類として、「デコポン」「ポンカン」等も栽培されています。

 

いちご

いちごは江戸時代末期にオランダ人によって長崎に輸入されたのが最初と言われています。

 

長崎では「さちのか」、「とよのか」などの品種が栽培されています。

 

 

ばれいしょ

いも類は、生産に適した気候と土壌条件に恵まれていることもあり、各地で栽培されています。

特に愛野や島原のメイクイーンは全国的に有名です。

 

ばれいしょは、平成14年9月から市内12校のモデル校の学校給食で一部使用されています。

 

 

アスパラガス

江戸時代、オランダから長崎に伝わったとされます。

はじめは観賞用として輸入されました。ハウス栽培が盛んな野菜です。

 

 

 

ページ上部に